目標や将来を見据える

医学部に合格するために何より大切なのは、「なぜ医学部に入りたいのか」というハッキリとした志望理由です。医学部受験時には、小論文や面接が行われることが多く、最近ではそれらの内容も重要視されることが増えてきました。小論文や面接でしっかりとした自分の考えを述べるためには、なぜ医学部に入りたいのかというハッキリとした志望理由を持っていることが非常に重要なのです。
また、医学部に入りたい気持ちが強ければ強いほど、勉強のモチベーションが持続するようになります。ただ何となく勉強をしているのと、「医学部に入ってこんな勉強をしたい」「将来医師になって、たくさんの人を助けたい」などという強い意志を持っているのとでは、勉強の身の入り方が大きく異なります。ですから、医学部を受験したいと思ったら、その先の将来のことまで考えると良いでしょう。
ただ漠然と「医学部」と考えるよりは、「この大学の医学部」というように、目標をしっかりと絞ることも効果的です。というのも、学校によって受験対策が異なってくるからです。最近は大学別に受験対策講座を開いている予備校や塾も多いので、そういったものを上手く活用するためにも、ある程度目標は絞り込んでおくほうが良いでしょう。