ほかの大学とは違った学び方とは

どのような大学、どの学部においても特化した科目があるように、医学部にも重要度の高い科目や学校による出題傾向があります。塾や予備校では、受験生が目指す大学によってコースが分かれていることが多いです。自分の目指す大学に必要な科目に特化した学習を効率よく行うためです。

医学部の場合には学校自体が医学部(歯学部)専門となっている予備校もあります。そのような学校では、学校全体の目的が医学部に合格者を出すことです。学校自体が医学部受験のためのものですから、更に目指す大学によって科目、過去の出題傾向などピンポイントを絞って学習することが出来ます。

医学部に特化した予備校やコースですから、様々な大学の医学部の情報が豊富に揃っていることが多いです。講師も医学部の受験を専門に教える訳ですから、過去の出題傾向などから、科目だけでなく、更に細分化した学習ポイントを熟知しています。また筆記試験だけでなく、面接や小論文の対策でも医学部専門の強みが発揮されます。基本的なポイントを学ぶだけでなく、小論文であれば、医学部に特化したテーマについて実践的な練習を行うことが出来ます。また医学部においては、面接の重要度が他の学部より高いと言われていますので、医学部でよく出る質問について対策を立てることが出来ます。医学部専門の学習校や専門コースで学ぶことが医学部合格の手助けになると言えます。